スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスター

モンスター (幻冬舎文庫)





『モンスター』  百田尚樹


ストーリー

海辺の田舎町に美しい女が降り立つ。彼女の名前は鈴原未帆。

彼女がオーナーを務めるレストランには“絶世の美女”と噂される

美帆の顔を一目見ようと客が押し寄せていた。

 ある日、店内のモニターを見つめていた未帆は、ひとりの男性に目を留める。

それは彼女が待ち続けていた男・高木英介の姿だった。高校時代。

鈴原未帆こと本名・田淵和子は、醜い風貌を蔑まれ、バケモノ扱いされる

悲惨な日々を過ごしていた。

唯一、優しい声をかけてくれた同級生の英介に対し、恋心を抱いた彼女は、

思い悩んだ末にある事件を起こす。

 町を追われ、東京に出た和子は、ふと目にした雑誌をきっかけに、

整形クリニックを訪れる。

そこで二重手術を受けた彼女は、自分も美しくなれると信じ、

整形手術の代金を手に入れるため風俗で働き始める。

やがて整形手術を繰り返すことで完璧な美貌を手に入れた彼女は、

ある思いを遂げるために生まれ故郷の街でレストランを開業する。

 はたして彼女が、この町に戻った本当の理由とは……。


映画 モンスター


男性の作家さんが整形を題材にここまでかけるのかと驚きました。
ほんとうに百田さんは色んな事をかける!
おわりははたしてハッピーエンドだったのか?
とても切ない恋だったんだとおもいました。
まだまだ百田作品を追ってみようとおもいます(^^)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。