スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人の門

殺人の門 (角川文庫)





『殺人の門』   東野圭吾


ストーリー

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。

悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。

そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。

でも、私には殺すことができないのだ。

殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?

人が人を殺すという行為は如何なることか。

直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。

(「BOOK」データベースより)


ん~こわかった。
東野圭吾作品になれてるとはいえ、すごい嫌悪感が続きました。
でもそれが不快なものではなくかといって爽快なものでもなく…
倉持が現れる度に、今度こそ縁を切ってほしい!と願っても
また人生を狂わされていく…
殺人の門をくぐらないでほしいと。
早くに手を打っておけばこんなことにもならなかったのに。

憎悪と嫉妬と殺意と
衝撃的な作品でした(^.^)

次は明るいのをよみたいなーー(@^^)/~~~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。